結婚式のアイテムにはどんなものがあるの?

アイテム

結婚式までには、いろいろなアイテムを準備しなければなりません。

しかし、「どんなアイテムな必要なのかわからない…」という方もいらっしゃいますよね。

今回は、結婚式で使われるアイテムの一覧をチェック!

それぞれの用途を解説していきます。

 

ペーパーアイテム

招待状

ゲストへ送る結婚式の招待状です。

出欠を問う返信用ハガキと一緒に送付します。

 

席札

ゲストの席に置く名札です。

夏はうちわ型の席札にしたりと、アレンジの仕方も豊富です。

 

席次表

会場の席一覧が書かれたもの。

  • メニュー表
  • プロフィール表
  • 式次第

がセットになっていることも多いです。

 

挙式アイテム

リングピロー

挙式で指輪交換をするまで、指輪を置いておくもの。

小さなクッションのような形がメジャーです。

 

ウェルカムアイテム

ウェルカムボード

ゲストへ「ようこそ!」という気持ちを伝えるためのボード。

エントランスや受付に設置することが多いです。

 

芳名帳

受付でゲストが名前や住所を記入する帳面です。

新郎側と新婦側で各1冊ずつ用意するのが一般的。

ですが、少人数ウェディングの場合には、芳名帳を用意しないケースもあります。

 

披露宴アイテム

ケーキ

ケーキ入刀に使用するケーキです。

すべて食べれる本物のケーキ、もしくはイミテーションケーキを使用します。

また、近年では、太巻きなどでカットを行うこともあります。

 

装飾品

披露宴会場を彩るためのアイテム。

結婚式場で装飾をすべてお任せするのもアリです。

ただ、できるところは自分たちで手作りすると、費用をぐっと抑えることができますよ。

ガーランドやペーパポンポン、ハニカムボールなどといったものは、自分でも簡単につくることができるのでおすすめです。

 

フォトプロップス

近年人気となっているのが、写真撮影用の小道具フォトプロップス。

長い棒にリボンなどのモチーフが取り付けられており、楽しく写真を撮ることができます。

 

キャンドル

キャンドルサービスなどで使用するキャンドル。

結婚式場で用意してもらうことも可能ですが、自分たちでつくる方も増えています。

 

まとめ

以上、一般的に結婚式で使われるアイテムについて、ご紹介してきました。

ただし、これはあくまでも一部のみ。

行う演出によって、必要となるアイテムは異なります。

どんなアイテムが必要なのか、プランナーさんによく確認しておきましょう。

また、アイテムひとつひとつにこだわることで、おふたりの理想の結婚式に近づくはず。

おふたりで相談しながら、アイテムづくりを行ってみてくださいね。