結婚式の招待状は手作りと式場依頼どっちがいい?

招待状

大切なゲストを結婚式にお招きするための招待状。

結婚式の2~3ヶ月前に郵送します。

招待状を準備するときに迷うのが、「手作りにすべきか?それとも結婚式場に依頼すべきか?」ということ。

今回は、それぞれのメリットとデメリットについて、お話していくことにしましょう。

 

結婚式の招待状の基礎知識

手作りにするか、結婚式場に依頼するか、それぞれのメリットとデメリットをチェックする前に、結婚式の招待状に必要なアイテムをチェックしていきます。

一般的に、結婚式の招待状は、以下のアイテムで構成されています。

  • 封筒
  • 招待状
  • 出欠を問う返信用はがき
  • 結婚式場までの地図(結婚式場が手配してくれることが多い)
  • メッセージカード(交通費・二次会などに関しての案内・必要な人のみ入れる)
  • 寿切手
  • 装飾(紐やシールなど)

基礎知識として、招待状を作成する際にはこれらのアイテムが必要であることを覚えておきましょう。

 

結婚式の招待状を手作りする場合のメリット

オリジナリティーが出せる

招待状を手作りすれば、おふたりの個性を存分に生かすことが可能!

こだわり派の方には、ぜひとも手作りをおすすめします。

 

費用を節約できる

どれだけ招待状にこだわるかにもよりますが、ほとんどの場合で結婚式場に依頼するよりも安く招待状を作成できます。

 

結婚式の招待状を手作りする場合のデメリット

準備が大変

招待状づくりは、

  • 文面を考えたり
  • 封筒に招待状をセットしたり
  • 切手を貼ったり
  • ……

と、何かと時間がかかります。

そして、招待する人数が多ければ多いほど、準備の負担が大きくなります。

 

結婚式の招待状を結婚式場に依頼する場合のメリット

時間を節約できる

結婚式場が招待状を作ってくれるので、新郎新婦の負担をかなり軽くすることができます。

忙しい方や準備の時間がとれない場合には、結婚式場に依頼することをおすすめします。

 

クオリティーが高い

結婚式場に依頼すると、プロがつくるのでやはりクオリティーが高いです。

上質な招待状を用意できるでしょう。

 

結婚式の招待状を結婚式場に依頼する場合のデメリット

費用が大きくなる

結婚式場に依頼すると、費用がかかります。

1通あたりで、500~800円程度かかると見込んでおきましょう。

 

まとめ

以上、結婚式の招待状を手作りする場合と結婚式場に依頼する場合の、それぞれのメリットとデメリットについてお話してきました。

そのほか、

  • 招待状手作りキットを活用する
  • 外部業者に依頼する

なども手段です。

手作りキットであれば、「1から作成するのは不安…」という方でも、簡単に招待状を準備することができますよ。

おふたりで相談しながら、素敵な招待状を作成してくださいね。