結婚式のキャンドル!用意の仕方やアレンジポイントは?

キャンドル

披露宴会場をロマンチックな雰囲気にしてくれるキャンドル。

「こだわりたい!」と思っている方も多いでしょう。

今回は、結婚式のキャンドルを用意する方法やアレンジポイントについて、お話していくことにします。

 

結婚式のキャンドルを用意する方法

結婚式場に依頼する

もっとも簡単に用意できるのが、結婚式場に依頼する方法。

小さめのキャンドルであれば100~300円、テーブルに1つ置くような大きめのキャンドルであれば1,000円~程度で用意できます。

 

雑貨屋などで購入する

結婚式場が持ち込みOKであれば、雑貨屋などで購入するのもひとつの方法。

自分の好きなデザインのキャンドルを探すことができますね。

ただし、結婚式場によっては持ち込み料金がかかる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

手作りする

実は、キャンドルは手作りも可能!

簡単にオリジナルキャンドルをつくることができますよ。

おふたりの個性を生かすことができるでしょう。

 

結婚式のキャンドルの基本的な作り方

用意するもの

  • ろうそく
  • ボウル
  • ろうそくの芯(ろうそくについているものでOK)
  • 容器
  • 割りばし

 

作成の手順

1.ろうそくを溶かす

鍋に熱湯を注ぎ、ボウルにろうそくを入れて湯煎します。

溶かしたろうそくから、芯を取り出してください。

 

2.ろうそくを固める

容器にろうそくを入れて、固めます。

このとき、さきほど取り出した芯をろうそくに入れます。

まっすぐ芯が入るよう、割りばしなどで固定しておきましょう。

 

手作りキャンドルのアレンジ方法

デザインでオリジナリティーを出す

転写シートがあれば、簡単にキャンドルのデザインを変えられます。

  • お花柄だったり
  • メッセージを入れてみたり
  • ……

など、いろいろな工夫ができそうですね。

 

形でオリジナリティーを出す

容器次第で、ろうそくのデザインは簡単に変えられます。

お気に入りの形の容器を探してみてはいかがでしょうか?

 

装飾でオリジナリティーを出す

  • レースをつけたり
  • リボンを結んだり
  • ……

など、装飾でオリジナリティーを出すことも可能!

また、ろうそくを溶かす際にアロマオイルを数滴たらせば、素敵な香りがするアロマキャンドルとなりますよ。

 

まとめ

以上、結婚式のキャンドルを用意する方法やアレンジポイントについて、お話してきました。

結婚式のキャンドルは、とても幻想的な雰囲気になるアイテム。

ぜひ素敵なキャンドルを用意してくださいね。

また、「どういったイメージでキャンドルをつくればいいかわからない…」という方は、実際の披露宴会場の雰囲気をチェックするのがおすすめ。

こちらのサイト(結婚式場の情報まとめサイト)には、たくさんの結婚式場情報が掲載されているので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?