ウェディングケーキはどうやって用意する?アレンジ方法もご紹介!

ウェディングケーキ

結婚式の定番演出であるケーキ入刀。

写真にも多く残るのが、ウェディングケーキです。

今回は、ウェディングケーキを用意する方法やアレンジの仕方について、ご紹介していくことにします。

 

ウェディングケーキを用意する方法

結婚式場に依頼する

ウェディングケーキは、結婚式場に依頼する方がほとんど。

プランナーさんやケーキの担当者とじっくり話し合いながら、デザインを決めることができます。

 

外部に依頼する

こだわりがある場合には、外部にケーキづくりを依頼するのもアリ。

ただ、結婚式場によってはケーキの持ち込み料金がかかる可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

ウェディングケーキの主な種類

イミテーションケーキ

ケーキをカットする部分に生クリームがついたイミテーションケーキ。

本物のケーキよりも費用が抑えられることや、ケーキに高さを出せることがメリットです。

  • 相場:3万円~

 

本物のケーキ

まるごと食べられる本物のケーキです。

ケーキカット後に、ゲストに振舞うこともできますよ!

  • 相場:5万円~

 

ウェディングケーキのアレンジの方法

デザインに徹底してこだわる

おふたりの趣味を生かしたデザインにしたり、インパクトのある工夫を凝らせば、ゲストの印象に残ること間違いなし!

プランナーさんや担当者とデザインを相談してみましょう。

また、近年ではケーキの形を丸ではなく、三角や星形にする方もいらっしゃいますよ。

 

あえてシンプルにする

近年では、あえて装飾を抑えたシンプルなケーキも人気。

ナチュラルスタイルな結婚式との相性がバツグンです。

装飾が少ない分、費用を抑えることができますよ。

 

シロップをかける

ケーキをカットするのではなく、シロップなどをかけるのもアリ。

瓶や器に入ったシロップをふたりで一緒にかけます。

どこかメルヘンチックな演出となりそうですね。

 

ケーキ以外をカットする

太巻きなどケーキ以外のものをカットするのもアリ!

めずらしい演出なので、ゲストの注目も集まることでしょう。

みんなで食べられるものをチョイスするのがおすすめです。

 

ビュッフェタワーにする

段のある台とミニケーキを使用して、ビュッフェタワーをつくるのもアリ!

台の一番上には普通サイズのケーキを置き、そのケーキをカットに使用します。

下段に置くミニケーキは、ゲスト用のビッフェとして利用できますよ。

 

まとめ

以上、ウェディングケーキを用意する方法やアレンジの仕方について、ご紹介してきました。

ケーキカットは、写真に残りやすいシーン。

素敵なケーキで、思い出に残る演出を行いましょう!