結婚式の会場を彩る装飾品!どんなものを用意すればいいの?

ガーランド

結婚式会場の雰囲気づくりに欠かせないのが、小物などの装飾品。

とは言っても、「結婚式の装飾品って具体的にどんなもの?」と疑問をお持ちの方も多いですよね。

そこで今回は、自分で用意できる結婚式の装飾品をいくつかご紹介していきます。

 

自分で用意できる結婚式の装飾品リスト

ガーランド

紐にモチーフを吊るす、ガーランド。

どこかポップな印象となります。

ガーランドは、雑貨屋さんなどで購入するほかにも、手作りすることが可能。

紐とモチーフの素材さえあれば、簡単につくることができますよ。

 

ペーパーポンポン/ハニカムボール

花紙を使用してつくるペーパーポンポンやハニカムボールは、結婚式の会場を彩る素敵なアイテム。

複数用意すると、一気に華やかな雰囲気になります。

また、カラーを変えるだけで、印象がガラっと変わりますよ。

ペーパーポンポンやハニカムボールは、1から手作りすることもできますが、便利なキットなども用意されています。

「簡単につくりたい!」という場合には、キットの活用をおすすめします。

 

イニシャルオブジェ

イニシャルオブジェは、結婚式の定番アイテム。

おふたりのイニシャルを用意して、高砂に飾るのが人気です。

イニシャルオブジェは、雑貨屋さんや100円均一で購入可能。

シンプルなイニシャルオブジェをアレンジするのも、おすすめですよ。

 

テーブルアイテム

ゲストテーブルを彩る小物は、手作りすることも可能!

季節のモチーフやメッセージを入れたメイソンジャーなどは、おしゃれ度も高く簡単につくれるのでおすすめですよ。

テーブルクロスや装花との相性を考えながら、テーブルアイテムを検討しましょう。

 

その他の小物

結婚式の装飾品は、わざわざ買い足さなくてもOK。

家にある小物やインテリアグッズが会場の雰囲気とマッチしているのであれば、会場に持ち込んで活用しましょう。

 

装飾品の持ち込みに関しては結婚式場に確認を!

自分で用意できる装飾品をいくつかご紹介しましたが、1つ注意することがあります。

それは、「結婚式を行う式場が、持ち込みOKかどうか?」ということ。

結婚式場によっては、装飾品の持ち込みがNGだったり、持ち込み料金が発生する場合があります。

装飾品について考える前に、まずは結婚式場に装飾品を持ち込んで大丈夫か確認してみてくださいね。

 

まとめ

以上、結婚式の会場を彩る装飾品についてチェックしてきました。

結婚式の装飾品には、とくに決まりはなし!

おふたりの工夫次第で、いろいろなものが装飾品となるでしょう。

  • 家にあるものが活用できないか?
  • 手作りできそうなものはないか?

なども考えてみてくださいね。