結婚式の芳名帳はどうしたら良い?おすすめのデザインは?

受付

結婚式で、ゲストに名前や住所を書いてもらうための「芳名帳」。

「結婚式場で用意してくれるの?」と疑問をお持ちの方も多いですよね。

今回は、結婚式の芳名帳を用意する方法とおすすめのデザインについて、お話していくことにします。

 

結婚式の芳名帳は自分で用意するケースのほうが多い!

結婚式場によっては、芳名帳を用意してくれるところもあります。

ですが、どちらかというと自分で用意するケースのほうが多いですね。

結婚式場に依頼したい場合には、事前に芳名帳の用意があるか確認しておきましょう。

また、芳名帳は、新郎側と新婦側で2冊用意するのが一般的です。

 

結婚式の芳名帳のおすすめデザイン

バインダータイプ

取り外しできるバインダータイプは、とても便利!

新郎側と新婦側を分けて使うこともできますよ。

 

カードタイプ

個別のカードに記入してもらうタイプ。

招待状と一緒にカードを送れば、当日受付が混雑することもありません。

ゲストの住所が必要になったとき、必要なカードのみを簡単に取り出せることもメリットです。

 

縦書き和風タイプ

和風の結婚式を行うのであれば、芳名帳も和風デザインがおすすめ。

縦書きタイプは、フォーマルな印象となりますよ。

 

寄せ書きタイプ

近年人気となっているのが、寄せ書きタイプ。

カジュアルなので、若い人が多い結婚式にもおすすめです。

 

ドロップ型

一般的な芳名帳の形とは異なりますが、ドロップ型もおすすめ。

星やハート形のドロップに、ゲストの名前やメッセージを記入してもらいます。

それを額縁などに入れてもらえば、一生の記念に!

視覚的にもかわいいアイテムとなりますよ。

 

結婚式で芳名帳は絶対に必要?

結婚式では芳名帳があるのが一般的ですが、絶対に必要なものではありません。

名前や住所をお互いに知っている身近なゲストのみで行われる少人数ウェディングでは、芳名帳を用意しないことも。

しかし、大人数での結婚式には、芳名帳があったほうがよいでしょう。

芳名帳がいわば出席者リストのような役割を果たしてくれるので、来ているゲスト・来ていないゲストがすぐにわかります。

また、芳名帳は記念になるだけでなく、住所録としても利用できます。

年賀状・暑中見舞い・寒中見舞いなどを送るときにも活用できますよ。

 

まとめ

以上、結婚式の芳名帳を用意する方法とおすすめのデザインについて、お話してきました。

芳名帳は絶対に必要なわけではありませんが、結婚式の記念になります。

どんなデザインが良いか、おふたりで相談してみてくださいね。